Just another WordPress site

企業を考える人へ

企業を考える人へ・株式会社設立のコストはどれぐらい見たらいいか

自分で事業を始める、あるいはすでに独立して開業をしている人にとって、株式会社を設立することは、一つの目標でもあり、スタートでもあります。同じことをしていたとしても個人で経営しているのと会社組織にするのとでは社会の信頼度が違ってきます。そして、同じ会社組織で最も信頼度が高いのが、株式会社なのです。

しかし、いざ設立するとなるとどのような手続きを踏んで、コストはどれぐらいかかるのか、気になるところでしょう。新たな船出を頓挫させることのないように、株式会社設立の手続きの流れを、コストと共に見ていきましょう。 株式会社を設立しようと考えた時に、最初にやるべきことは設立項目の決定です。会社の商号をどうするか、資本金をいくらにするのか、など会社を始めるにあたってどうしても必要なことを決めておかなければいけません。次に定款を作成し認証を受けます。続いて登記書類を作成し、登記をする、という流れになります。これで書類の上では会社ができた、ということになります。最後に開業の届け出をして、いよいよ営業開始の運びとなるのです。

大きな流れとしては、定款の作成・認証と登記、この2つがポイントになるということです。コストもこの2つのポイントに沿ってかかってくる、ということになります。 では、具体的にどの程度のコストがどこでかかってくるのでしょうか。

まず定款の作成ですが、定款には収入印紙を貼る必要があります。これが40000円です。電子定款の場合、印紙は貼らなくて良いのでこの分がカットされます。ただし、電子定款の作成は中々難しく、そのためにソフトを購入したら印紙代より高かった、という笑えない話もありますので、気をつけてください。さらに認証に要する公証人の手数料が50000円かかります。

次に、登記の際に登録免許税を払う必要があり、これが150000円です。合計240000円に資本金の額を足したものが、株式会社設立に最低限必要な金額と言えます。 自分で株式会社を作りたいとなったら、最低コスト240000円に資本金を足したものが必要、ということはお分かりいただけたと思いますが、やはり慣れない手続き、余分な費用も見ておきたい所です。コストを下げたいあまり、自分一人でやることにこだわり、返って余計な費用がかかることもあります。無理をせず司法書士などの力を借りることも計算に入れ、100000円程の予算も見ておきましょう。

こうした設立上の手続きや費用も含めて、株式会社を作るということは大変なことです。しかし苦労して作ったからこそその後の仕事に生きてくる、ということもあります。自分に必要だと感じたら、トライしてみる価値はあるのではないでしょうか。