Just another WordPress site

そのメリットについて

株式会社の設立とそのメリットについて

株式会社とは、日本において認められている制度であり、法人格を得ることによって、簡単に表現すると新たに法人という人格を取得し、その法人を用いて事業を運営していくことです。

そもそも株式会社とは、資本金を代表者や出資者から募り、その出資した金額に応じて株式を発行するものです。はじめに資本を提供する人を出資者といいますが、その出資者は代表者に限らず、他の人や他の法人も出資を行うことができます。

会社は、上場している有名な企業から街の中小企業もいずれも会社法に従って運営されているという点が日本の特徴といわれています。会社を設立するためには、いろいろな手続きが必要となります。先の出資をはじめとしてその他にも会社の本店をどこにするのかや法人を運営していく代表者や取締役は誰が担うのかという点も決定していく必要があります。

これらの決定すべき事項をさらに書類におこし、それぞれ提出すべき役所へ提出する必要があります。これらの必要な書類を用意するだけでも非常に手間のかかる作業となります。また手間のかかる分だけ一度ですべての書類を正確に書き起こすことも困難です。こういった際には、司法書士をはじめとする専門家を利用することで時間も正確性も担保することができます。そもそもなぜ株式会社を設立するのかというと、個人事業にはないメリットがあるためです。

そのメリットは何点かありますが、役員報酬と借入金の面でメリットがあります。

まず役員報酬のメリットとは、何かというと、個人事業の際には支払うことができなかった事業主などの役員に報酬を支払うことができます。これは株式会社を設立することでしか支払うことはできないものです。そもそも個人事業であれば、事業主は所得税法において事業所得を得ていますので、事業主に報酬を支払うという考え方はそもそもそぐわないということになります。次に借入金です。個人事業であったとしても、株式会社を設立したとしても借入金をおこすことはできます。

しかしある程度の規模になると株式会社自体で借入金をおこすことができます。またその際に代表者の個人保証も必要でないという場合もあります。

個人事業で借入をしており、何かのタイミングで事業が不調となり、万が一破産した場合には、その人個人が破産することになります。しかし法人で借入をしており、万が一破産したとしても、たとえ代表者であったとしてもその出資の範囲内でしか責任を負う必要はないということになります。

会社設立のメリットは、いくつかありますが、上記の2点も大きなメリットです。